運動はちょっと…それでも食べて痩せたい人ならおすすめ!

運動は嫌いじゃないけど…時間もなかなかないし、やっぱり続かないって言うのが本音です。でも痩せるには運動しないとって思ってはいるけど食べるのも止められないって言う人ならダイエットの手助けをしてくれる医薬品の「ゼニカル」はどうですか?

*

減量だとリバウンドしやすい?ダイエットは正しい知識が必要

      2016/09/21

ダイエットを行うことで綺麗なスタイルを手に入れたいという人もいますが、正しい知識のもとに行わないとリバウンドしやすいので注意しましょう。

内臓脂肪は病気にも繋がるので落とす

痩せるために脂肪を落としたいのになかなか痩せられないという人もいるかもしれません。

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があり、内臓脂肪が多くなるとさまざまな病気の原因となってしまうことがあります。肥満になると高血圧や高血糖などが起こりやすくなりますし、内臓脂肪から分泌される物質の量が変化することで動脈硬化が引き起こされ、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などが起きてしまうこともあるのです。

太っているけど健康に問題はないと考えている人もいるかもしれません。しかし、自覚症状がなくても体の中では症状が出始めていることもあるので注意しましょう。脂肪を減らして痩せるために特別な方法などはありませんし、摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やす必要があります。

ちなみに、基本的には皮下脂肪より内臓脂肪の方が落ちやすいため、どのような方法を行っても内臓脂肪が先に落ちるとされています。

カロリーを減らして栄養素はしっかり摂取

健康的な減量に必要なのが総カロリーを減らしながらたんぱく質やミネラル、ビタミンなどの栄養素をしっかり摂取するということです。

毎食のカロリーを計算するだけでもかなり大変ですし、栄養素までは気を付けられないという人もいるでしょう。しかし、最近では食事内容を入力するとだいたいのカロリー数を教えてくれるアプリなどもあるため、そのようなものを利用してみるのもおすすめです。

数年前から糖質制限ダイエットが注目を集めており、糖質を控えることで痩せやすくなるということです。もちろん制限しすぎるのも難しいですし、糖質によるカロリーが全体の半分以下になるようにするのが妥当です。

また、たんぱく質をしっかり摂取することも大切であり、野菜やきのこ、海藻などをしっかり摂取するようにしましょう。

バランスを考え少しの運動も必要

決まった食品だけを食べるというダイエット方法もありますが、長く続けると栄養バランスが乱れてしまうので注意が必要です。単品で必要な栄養素を全て備えた食品は存在しませんし、健康的に痩せるためにはさまざまな食品をバランスよく食べるようにしましょう。

ちなみに運動だけで体重を減らすことは難しいため、一緒に食事制限を行うことがポイントです。ダイエットを目的としているなら1回10分~30分の運動がおすすめであり、週に3~5日程度行うと良いでしょう。