運動はちょっと…それでも食べて痩せたい人ならおすすめ!

運動は嫌いじゃないけど…時間もなかなかないし、やっぱり続かないって言うのが本音です。でも痩せるには運動しないとって思ってはいるけど食べるのも止められないって言う人ならダイエットの手助けをしてくれる医薬品の「ゼニカル」はどうですか?

*

運動がダイエットには大切なのは分かってるけど…続かない人が多いのはなぜ?

      2016/11/20

巷にはさまざまなダイエット方法がありますが、どのような方法でも効果を上げるために欠かせないのが運動です。

体を動かすことによって代謝が良くなりますので、相乗効果が期待できるのです。しかし頭ではそう分かっていても運動が続かないという人は少なくありません。なぜ続かないのかという理由は人によってさまざまですが、まず考えられるのは、そもそも体を動かすのが苦手ということです。

運動が面倒と感じる人

もとから体を動かすことが苦手だと続けることが苦痛になってきますし、面倒くさく感じてしまうことは当たり前でしょう。

このようなタイプの人は、明確に体を動かす時間を作るのではなく、自分が無理なく続けていくためにも日常生活の中でダイエットに効果的な動きを取り入れるようにすると良いでしょう。例えば通勤や通学などの際にできるだけ階段を使うようにしたり、本来の降車駅の一駅前で降りて歩くなどです。歩いたり階段を上ったりする動きは、特に運動しようと思って行うものではありませんので、それほど抵抗なく行うことができるはずです。

精神的な負担を感じる人

次に精神的な負担が大きくなりすぎるのも続けることが難しくなる原因として考えられます。

どういうことかというと、目標体重をクリアするためにしっかり体を動かそうというように、きちんと毎日の運動メニューを決めてしまったりすると、次第にそれが精神的な負担となって圧し掛かってくるのです。それでも自分の課したメニューをこなしていければいいのですが、忙しさや疲れからメニューがこなせなくなってしまうと、たった1日でも太ったかもしれないと気落ちしてしまったり、自己嫌悪からダイエットそのものが嫌になってしまうのです。

こうしたタイプは真面目で几帳面な人に多いのですが、対策としてはあまりスケジュールにがんじがらめになりすぎず、自分の体調やその日のスケジュールに合わせて、できることをやっていくというように心掛けることが大切です。

ダイエットをしられたくない人

最後は人にダイエットをしていることを知られたくないというのも続かない原因に挙げられます。

ウォーキングやスイミングなどをしている姿を周りの人たちが見たら、ダイエット中ということがばれてしまうから嫌という風に感じてしまうのです。この場合は屋外ではなく人の目がない屋内でストレッチやヨガ、足踏み体操などを行うと良いでしょう。

まずは軽い運動から始める

このように運動が続かない原因は人によってさまざまですので、自分がどのタイプなのかを考えて続けられるように工夫をしていくことが大切なのです。運動を始めた時はほとんどの人がやる気に満ち溢れているのでハードにしがちですが、最初は本当に軽い運動からにして緩やかなペースで増やしていくと良いでしょう。